静岡県熱海市の印鑑・はんこ職人【小見山 臥雲】数々の受賞歴を誇る完全手彫り印鑑職人

熱海の印鑑職人【小見山 臥雲】妥協を許さない仕事

小見山 勉(雅号:臥雲)は、父親からの影響もあって印鑑職人を志し、
若くして印刻界の巨匠・小川瑞雲氏(東京・両国)に師事します。
労働大臣検定 印章彫刻一級技能士に合格の後、
31歳の若さにして、第2回一級技能士全国技能グランプリで
1位となる「労働大臣賞」を受賞しました。

その後も研鑽を続け、
■第26回全国印章技術競技会 銅賞受賞
■第6回静岡県技能競技会 知事賞受賞
■第28回大印技術展覧会 金賞受賞
と、主な技術競技会にて受賞を重ねてきました。

それらの功績により、師・小川瑞雲氏より「外弟子1号」に認定され、
併せて、師の率いる一門会「瑞雲会」への入会を許されました。

現在では地元・静岡県熱海市で印鑑・はんこの店「小見山印房」
経営するかたわら、全国の有名印鑑店からの彫刻の依頼に応じています。
今や全国でも数少なくなった、彫刻し際して印刀以外の一切の工具・機会を
用いない「完全手彫りの印鑑職人」として、業界の内外から熱い注目を
集める小見山 勉は、今日も虚心坦懐に印鑑と向き合っています。

TV番組「中田英寿 日本をつなぐ」に店主・小見山 臥雲が出演しました

なぜ今、完全手彫り印鑑なのか?

確かに1日に彫り上げる本数も限られているし、
効率という面から考えると決していいとは言えません。
部分的に機械・工具を利用している同業者も多い。

でも、私があくまで「完全手彫り印鑑」こだわるのは、
「印鑑は唯一無二でなくてはならない」という思いと、
今の時代だからこそ、手作りならではの温かみを
多くのお客様にお伝えしたいから。
それとやっぱり、彫ることが好きだから、でしょうね(笑)。
熱海の印鑑職人【小見山 臥雲】手彫り印鑑について熱く語る

THE 印判師 【小見山 臥雲】 作品

受賞作その1 受賞作その2 受賞作その3 受賞作その4
第28回大阪府印章技術展覧会 第25回大阪府印章技術展覧会 第26回全国印章技術競技会 第33回全国印章技術競技会
近畿印章業連盟賞・金 賞 銅 賞 銅 賞 褒 状
受賞作その5 受賞作その6 受賞作その7 受賞作その8
第25回大阪府印章技術展覧会 第25回大阪府印章技術展覧会 第27回大阪府印章技術展覧会 第27回大阪府印章技術展覧会
銅 賞 銅 賞 銅 賞 銅 賞

THE 印判師 【小見山 臥雲】 仕事





印鑑職人 THE印判師